TOPICS

黒酢に匹敵!日本初?「菊芋酢」完成!

菊芋商品.jpg


米酢、果実酢、穀物酢・・・数ある種類の中で、菊芋を使ったお酢?とは皆さんも初めて耳にされたことでしょう?!

佐賀市のNPO法人と食酢メーカーのサガビネガーが「菊芋酢」を商品化しました。原料となる芋菊とはキク科の植物で、アメリカインディアンが栽培し、食べていた植物だということですが、痩せた土地でも栽培が可能で、戦後食糧難の時代に代用品として国内でも栽培されていたそうです。

菊芋−芋.jpg

現在は、佐賀市の山間部で自家用栽培されているそうです。秋口になると菊の花のような黄色い花を咲かせ、収穫は、12月頃になるそうです。その菊芋の塊茎は、生姜に似ていますが、芋の糖質には玉葱、ニラ、ごぼうなどにたくさん含まれる「イヌリン」が一番多く含まれているそうです。

(イヌリンとは・・・果糖が30個ほど繋がった多糖類の一種で、ノンカロリー糖質で、腸内の善玉菌の餌になり善玉菌を増やし、腸内浄化、消化吸収を助けます。また脂肪を包み込んで脂肪の吸収を防ぐそうです。)

イヌリンには血糖値を抑える成分がある事から、佐賀市NPO法人の「元気・勇気・活気の会」の提案で、「菊芋酢で佐賀市の特産品にしようと」サガビネガーの右近社長に相談し、試行錯誤の末、この度、2年がかりで製造に成功しました。

メーカーでは、二段仕込みという、手間暇をかさねて作られているそうで、完成した「菊芋酢」は、本醸造酢、ツンとした酸味がなく香りも良く、マイルドな出来上がりだそうです。また通常のお酢と比べて、アミノ酸含有量が3倍以上あり、黒酢に匹敵するそうです。

創業180年のサガビネガーの右近社長に、「菊芋酢」出来栄えに点数付けるとしたら何点ですか?とお聞きしましたら、初の製品にしたら・・・高得点の90点と答えられました。私も、ビネガー社長に相談致しまして、味見致しました、なかなかのマイルドで、薄めるどころかそのまま頂けますヨ!アミノ酸いっぱいで、身体に浸みわたりました。通常のお料理に、また10倍の水や、ジュースに薄めて直接飲料するのもよし、あなたも食してみてはいかがですか?

菊芋商品.jpg

【2月8日から、玉屋、コープ佐賀で発売】
200ミリ 1,480円  500ミリ 2,950円

※サガビネガーでも購入可能 

菊芋酢の製造過程 http://sagavinegar.jp/index.php?id=23